【日暮里 究極ラヴァーズ】りの(23)No.1嬢と濃厚プレイ

【日暮里 究極ラヴァーズ】

ど~も~。
田中です。

ばちくそエロい嬢とプレイしたいなぁ~♪

そんなことを考えながら特にエロそうな嬢を探していたところ、
日暮里にある究極ラヴァーズというデリヘルの「りの嬢」がエロそうなので指名してみることにしました。
お店の公式twitterで「りの嬢」の動画が上がっていました。
いい体ですねぇ~

究極ラヴァーズは、初めて利用するお店なのでお手並み拝見と言ったところです。

【お店データ】

場所:日暮里
総額:10,000円(60分コース8,000円+ホテル代2,000円)
フリー or 予約:予約
営業時間:10:00〜25:00
入店時間:4月13日20時10分頃入店
待ち時間:5分ほど
混み具合:予約のためなし

18:40 お店へ電話しました

受付:「ありがとうございます。ラバースです〜」
田中:「予約なんですが。」
受付:「はい、どうぞ〜。」
田中:「りのって空いてますか?」
受付:「りのちゃんは、えーと、20:05からのご案内になりますね。
田中:「では、20:10から日暮里でお願いできますか?
受付:「はい。ありがとうございます。では、20:10から何分コースをお取りしましょうか?」
田中:「60分コースでお願いします。」
受付:「60分コースで。りのちゃん今回初めてですか?」
田中:「はい。初めてです。」
受付:「お部屋は、レンタルルームとラブホテルどちらがよろしいですか?
田中:「レンタルルームで大丈夫です。」
受付:「は〜い。レンタルルームのご希望ございますでしょうか?」
田中:「オーロラでお願いできますか?」
受付:「はい。オーロラですね。お部屋の確認いたしますので少々お待ち下さい。」

そう言うと受付の方が、電話越しにオーロラへ予約の電話を入れていました。
受付:「20:10で60でお願いします。は〜い。」

受付:「もしもし〜。」
田中:「はい。」
受付:「オーロラのお部屋が取れましたので、20:10にお入りください。入られましたら、部屋番号だけお電話ください。
田中:「はい〜。」
受付:「あと、お客様のお名前いただけますでしょうか?」
田中:「田中でお願いします。」
受付:「はい〜。田中様ありがとうございます。では、20:10でよろしくおねがいします。お待ちしております。」
田中:「はい〜。」

受付の方は、おじさんで丁寧な対応でした。

日暮里 究極ラヴァーズ

駅前は、意外と人が多かったです。

日暮里 究極ラヴァーズ

日暮里 究極ラヴァーズ

寄り道せず、レンタルルームオーロラへ

日暮里 究極ラヴァーズ

20:08 オーロラの受付へ

日暮里 究極ラヴァーズ

田中:「すみませ~ん。」
受付:「は~い。どうぞ~。」
田中:「ラバースで予約しました。」
受付:「60分で2,000円ですね。
田中:「はい。」(1万円出しました。)
受付:「はい。」(8,000円のお釣りと部屋番号を受け取りました。)

日暮里 究極ラヴァーズ

20:10 部屋に入りました。

日暮里 究極ラヴァーズ

部屋に入ったのでお店へ電話をしました。

受付:「ありがとうございます。ラバースです〜」
田中:「予約の田中です。」
受付:「田中様ありがとうございます。部屋番号お願いします。」
田中:「206です。」
受付:「女の子すぐにうかがいます。よろしくお願いいたします。」

電話して、2分後、20:12 部屋のドアがノックされました♪

【女の子】【サービス】

りの(23)さんB85(D) W58 H85 T163cm

日暮里 究極ラヴァーズ

引用:日暮里 究極ラヴァーズ

田中:「どうも~」
嬢:「あぁ~、かっこいいねぇ~」
田中:「かっこい?」
嬢:「いいねぇ~」

嬢は、笑顔で登場です。

田中:「かわいいねぇ~」

そう言うと嬢がキスしてくれました。

嬢:「今日はありがとう!今日は休み?」
田中:「仕事だね~。何人なの?
嬢:「中国。
田中:「へぇ~。日本語上手いねぇ。」

嬢は、日本語も問題なく通じました。
お互いに、服を脱ぎ始めました。

田中:「Hは、好きなの?」
嬢:「H?好きよ(笑 あなた好き~」
田中:「ありがとうw」

服を脱いでお互い裸になりました。

嬢:「ビンビンだ~♪」

すでに勃起していたチンコを見て嬢が言いました。
すると、嬢がフェラを始めました。

田中:「あ~、気持ちぃ~」

その後、乳首舐めをはさみ、再度フェラ。
嬢のフェラは、思ったほどはガッツリしていなくライトな感じでした。

物足りなかったので、アナル舐めも頼みました。

田中:「お尻も」

そう言うと嬢がアナル舐めを始めました。
アナル舐めでは、舌をしっかり使い穴をきれいに舐めてくれました♪

ギンギンに勃起したので、嬢がゴムを付けて騎乗位素股を始めました。
しかし、チンコは、急速にしぼんでしまいました。。

田中:「しぼんだね(笑」
嬢:「手でやってみるね~」

そう言うと嬢は、手コキを始めました。
が、なかなか勃たず。。

興奮度を高めるために、前回使用したおもちゃを使うことにしました。

田中:「おもちゃ好き?
嬢:「うん」(即答)
田中:「なら、使おう。おもちゃ持ってきたから。」
嬢:「あるの?」
田中:「うん。小さいけど。」
嬢:「小さいの?私大きいのある。
田中:「あるの? 今あるの?
嬢:「うん。

そういうと嬢は、バックからおもちゃを取り出しました。

日暮里 究極ラヴァーズ

田中:「でかいねw」
嬢:「うん。」

おもちゃを取り出した嬢は、自らのクリにおもちゃを当てだして感じ始めました。

嬢:「あ~んん♪
田中:「気持ちいの?」
嬢:「うん♪」

2,3分おもちゃを当てていると嬢が

嬢:「あ~、気持ちぃ~、あぁああああ~~~~ん

と部屋の外に漏れるくらいの大きな喘ぎ声を出し叫びました。
イッたと思われます。

田中:「イッたの?俺もイかせてよ。」
嬢:「うんw」

仰向けになると嬢は、フェラを始めました。
嬢は、イッた後ということもあり、嬢のフェラは、前のめりでチンコを貪欲に舐めまくってくれました。

あっという間にギンギンに勃起したので、正常位素股することにしました。

田中:「正常位素股しよ。」
嬢:「うん。」

そう言うと嬢は、仰向けになり股を広げました。

田中:「いや~、気持ちぃ~」

嬢のマンコは、1回イッた後ということもあり濡れ濡れで締まりもよく最高でした♪

嬢:「あぁ~ん♪」
田中:「あ~、もうイキそう。あ~」(外へ射精しました)

濡れ濡れで締りが良すぎてすぐにイッてしまいました。

嬢のお腹に精子がたくさんでました。
嬢は、ティッシュで精子を拭いていました。

そして、チンコにスプレーのようなものをかけました。

田中:「なにこれ?消毒?」
嬢:「うん。」
田中:「アルコール?」
嬢:「うん。」
田中:「性病対策?コロナ対策?」

嬢は、答えてくれませんでした。。。

田中:「マッサージできる?」
嬢:「うん。」
田中:「じゃぁ、やって。」

マッサージを頼むことにしました。
うつ伏せになりました。

嬢:「ちょっとシャワー浴びてきていい?」
田中:「うん。いいよ。」

そういうと嬢は、シャワー室へ移動しシャワーを浴びていました。
2,3分で嬢がシャワー室から出てきました。

田中:「どれくらい日本にいるの?
嬢:「4年。
田中:「へぇ~、それまでは、中国?」
嬢:「うん。」
田中:「なんで日本来たの?」
嬢:「お金ないから。」
田中:「そっか。お金貯まった?」
嬢:「ちょっとは。」
田中:「へぇ~。」


そんな会話をしながら嬢からマッサージを受けていました。

田中:「りのは、このお店で大人気なんでしょ?」
嬢:「私わかんない(笑」
田中:「中国の田舎出身なの?」
嬢:「うん。」
田中:「中国で働こうとは思わなかったの?」
嬢:「うん。」
田中:「なんで?」
嬢:「日本人優しいよ。
田中:「そう?」
嬢:「うん。中国人は、すぐ怒るよ。
田中:「そうなんだ。」
嬢:「うん。ちんちん大きいとマンコ気持ちぃ~」
田中:「急にどしたw そういうエロい日本語ばかり覚えるねw」
嬢:「(笑」
田中:「彼氏いるの?」
嬢:「彼氏いいらないもん。」
田中:「鬼出勤だよね。彼氏作る暇ないでしょ?」
嬢:「うん。」

りの嬢は、1日も休みがありません。。

日暮里 究極ラヴァーズ

引用:日暮里 究極ラヴァーズ りの

田中:「日本何歳のとき来たの?
嬢:「23歳かな~
田中:「その時からHな仕事なの?」
嬢:「その時は、この仕事じゃないよ。買い物の仕事。」
田中:「買い物?」
嬢:「料理の仕事。」
田中:「へぇ~。この仕事の方が稼げるでしょ?」
嬢:「うん。マンコ気持ちいし(笑
田中:「www」
嬢:「あと10分。」
田中:「シャワー入るか。」
嬢:「うん。」
田中:「マッサージ気持ちよかった~」
嬢:「謝謝♪」

マッサージをしてもらい嬢とシャワー室へ移動しました。
シャワー室では、嬢にチンコとお尻を洗ってもらい、歯磨きもして5,6分で出ました。

嬢:「おもちゃも洗う~」

嬢は、おもちゃも丁寧に洗っていました。
おもちゃを洗い終えると嬢もシャワー室から出てきました。

嬢:「今日はありがとう~」
田中:「人気ある嬢な理由がわかった。」
嬢:「ふふ(笑」
田中:「おもちゃいつもバックに入れてるんだ。
嬢:「お客さんがくれたの。
田中:「そうなんだ。」
嬢:「高いでしょ。おもちゃ。」
田中:「5,000円くらいするんじゃない。」

そんな会話をしながらお互い服に着替えました。
嬢は、笑顔も多く明るく会話を楽しめました。

田中:「お金払ってないから。8,000円ね?
嬢:「うん。
田中:「はい。」(8,000円渡しました。)
嬢:「謝謝♪」
田中:「日暮里ラバースと言ったらりのだからね。」
嬢:「りのラバース(笑 店、店。」
田中:「店に電話ね。」
嬢:「うん。」

嬢は、スマホでお店へ電話をかけて自分にスマホを渡しました。
田中:「もしもし~」
店員:「女の子いかがだったでしょうか~」
田中:「大丈夫でした。」
店員:「それでは、またよろしくお願いいたします。」
田中:「は~い。」

そう言ってスマホを嬢に渡しました。

田中:「部屋でよう。」
嬢:「うん。」

嬢と部屋を出ました。

田中:「次もお客さんいるの?」
嬢:「うん。」
田中:「頑張ってね~」
嬢:「うん。バイバイ~。ありがとう~」

21:12 嬢と別れました。

日暮里 究極ラヴァーズ

【まとめ】

期待値が高かったこともありますが、特筆するほど良いとは感じませんでした。。
決して悪い嬢ではないのですが、ばちくそエロい嬢というほどではなかったですねぇ。
1万円という値段を考えれば、十分コスパ高いですが。

【5段階評価】

総合満足度:3.5
費用対満足度:3
ボーイさん:3
女の子ルックス:3.5
スタイル:3
サービス:3
嬢の印象:エロい、話しやすい、明るい
写真とのギャップ:あり

【PS】

個人的には、以前利用したみさ嬢の方が遥かにエロかったです。
みさの底なしの性欲を越す嬢は当面出てこないだろうなぁ。。

最新記事がすぐに読めます!
メールアドレスをご登録いただくと更新通知を受け取ることができます。
最新の記事をすぐに読むことができます!


 

「Subscribe」を押すと登録確認メールが届きますのでご確認ください。
※届いていない場合は、迷惑メールフォルダのご確認をお願い致します。
解除したくなったら、「Unsubscribe」を押すと解除できます。


※管理人的には、読んでほしい記事

コメントする

CAPTCHA